代表取締役メッセージ

グローバルカンパニーとしての志と 培ってきた信頼関係を大切に 船舶用燃料業界の価値創造企業を目指します。

豊田通商ペトロリアム プライベート リミテッドは、1989年の創業以来、長い歴史と伝統を持ちながらも進化を続ける船舶用燃料業界で常に新たな付加価値を提供してきました。世界のオイルマーケットのハブ機能を持つシンガポールに本社を構え、豊田通商グループのグローバル化の先兵としての役割を担ってきました。2008年にはシンガポール政府発行のライセンスを取得し、日系企業唯一の自社バージ(燃料補給専用タンカー)による洋上給油を行うなど、世界各地でバンカーオイルオペレーションを中心に事業展開しています。

私たちが第一に考えるのは、お客様にとって、そして社会にとってのニーズ。そして、最も大切にするのは、その結果生まれるお客様や取引先との信頼関係です。山あり谷ありの船舶用燃料業界で、どんな時にも、タイムリーに、競争力のある価格で、安定した品質による供給を続け、培ってきた信頼関係こそが私たちの財産なのです。

今、クリーンエネルギーとしてLNGが注目されるなど、船舶用燃料業界にも変化の時が訪れようとしています。私たちは、これまでに築いてきた基盤を大切にしながらも、現状にとらわれず、常にグローバル物流を船舶用燃料の視点で支える企業でありたいと考えています。新しい変革の時代に立ち向かえる人材とフェイス・トゥ・フェイスでこそ生まれる信頼関係によって、付加価値を先取りし、さらなるグローバル化と業容拡大を推進します。そして、豊田通商グループの一員として収益基盤の拡大に寄与し、人、社会、地球との共存をはかり、社員の家族が胸を張れる豊かな社会づくりに貢献する価値創造企業を目指します。
代表取締役 片岡茂忠
PAGE TOP